プロフィール

ひみつNo.36489

登録 2019年2月16日

明細数 31 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2019/2/27

【02月27日(水)カケハギ】[1956バイト]

≪02/27(水)≫

4:17に目が覚め、4:40にエサ出し。

白・黒・金の猫が来る、いつもの未明。

バナナとカレー、納豆とレバーの健康的な朝食。

7:30に家を出た。アパートは完全に素通り。

▼▼▼▼▼

業務──

事務量は標準的だった。

そして、機械がまともに動いた。

グリスアップぐらいしかしていないのだが。

とにかく、結果オーライ。昨日とは大違いだ。

残業タイム──雨が降っていたが、荷物の到着は早かった。

(だから、私は残業チームではない)

▼▼▼▼▼

17:45退社。

アパートに立ち寄って、(雨が弱まったので)ビニール傘に持ち替えて、徒歩で帰宅。18:30到着。

エサ場には白・黒・金の猫が来た。

今日は、金が大胆に近づいてきた。それでもガラス戸が閉まるまで食べないのは従来通りだ。

夕食は、食パンとコッペパン、焼きそばとはったいの粉を食べた。

誰が何と言おうと最高に幸せな食卓だ。

穴埋め問題が難しすぎるミラクルナインを見ながら、コーヒーとカフェオレを飲んだ。

雨の庭を22時にチェック──誰も来なかった。

▼▼▼

今日は、

昼休みに(昨日の)リフォーム店に行き、「カケハギ(カケツギ)」を依頼した。

うっかり破ってしまったスーツのズボンを再生してもらうのだ。数千円で済むらしい。

父を思い出さずにいられない。

「修理は高い、買ったほうが安い」が口癖だった。

たとえば──

ラジオのアンテナを折ってしまったが、ジャンク品のアンテナを持っていたから、自分で修理できた。

しかし、父は[アンテナの折れた僕のラジオ]を目にしたとたん、無理矢理に奪い取って、即座にゴミとして捨てた。

私がゴミ捨て場から取り戻して、ちゃんと修理した。

しかし平日が休みだった父は、私が中学校に行っている間に[修理してある僕のラジオ]を捨てた。もはや犯罪だ。

よその町のゴミ捨て場だったようだ。もう見つからなかった。

一度壊れたモノは、父にとってはモノではないのだ。存在を許せないのだ。

13歳で終戦──

あれは、モノに恵まれなかった時代を生きた人間の、ゆがんだ復讐だったのか。

今日、ズボンの修理を依頼したのは、そうだ、父への復讐だ。

あの世からは「僕のモノ」を奪い取って捨てるなんて芸当は、さすがにできまい。

─────

歩数計15612

室温12.1

─────

コメント登録

名前

コメント

最近の記事